トップ
葺き替え
材料・相場
スレートの
葺き替え
建坪別概算
瓦から地震に
強い屋根材に
お助け隊の
屋根屋が信用
できる訳
葺き替えの
相場とは?
重要な
ルーフィング
雨漏りしない
屋根葺き替え

ガルバリウム
での葺き替え
相場
ガルバリウム
鋼板・製品比較
ジンカリウム鋼板
での葺き替え
相場
石粒付鋼板
エコグラーニ
石粒付鋼板
ディプロマット
アスファルト
シングルでの
葺き替え相場
瓦の葺き替え
葺き直し
相場・概算

葺き替えの
工事事例
相談・質問
問い合わせ
運営会社
サイトマップ
お助け隊
Blog




訪問業者(略して訪販)に騙された? その1

    このエントリーをはてなブックマークに追加  
 昨日、福岡市のお客様から、ご相談の電話がありました。 訪問販売の営業が来て、瓦屋根の棟部分から漆喰が剥がれている、放置するとやがて土が流れてきて、棟が崩れ修理に大変なお金がかかる、また雨漏りも発生し家全体が大変なことになるので、至急修理をしたほうが良い、また瓦もかなりの箇所で隙間が開いていて、雨漏りの原因になりかねない、大変危険な状態です。 当社は今春の修理キャンペーンをやっていて30%引きで工事をやらせてもらっています。 近所のかたも何人かは、既に契約をもらっています。 是非この機会に・・・
 と、いう口上で営業をしていったそうです。 その営業は屋根に登ってデジカメで写真を撮り、それを見せて説明したのだそうです。 で、築25年で、屋根は何も手入れをしていなかったので、契約をしてしまったそうです。
その見積、契約内容は、このお客様の電話での言い分を聞いて、工事内容を暴くと・・・
 屋根の大きさ;おおよそ、75u(この訪販の見積には、漆喰工事一式、瓦止修理、瓦調整としかないそうです。
これで、締めて 1,000,000円(消費税込み)で契約。 工事が始まって2日目で、追加の工事、谷部分15ガルバリウム鋼板での工事をしたほうが良い、ついてはその契約もお願いしたい。 金額 \45,000/m、15の谷なので、70万円明らかな悪徳訪問業者です。 その悪徳振りを解説します。

 1:本当に修理の必要があったか? その金額は妥当か?
 屋根工事に定価というものはありません。 また瓦屋根の漆喰の耐用年数もはっきりした年数が決まっている訳ではありません。 そこを悪徳な訪販業者は狙ってきます。 瓦のお家なら「漆喰が剥がれている」「瓦のずれが酷い」などの口上で営業してきます。 騙されないでください。 屋根面積75u、築25年で、漆喰の修理、瓦のズレで100万円!!ありえないです。 谷の修理15m、単価¥45,000/m。 この広さの屋根で谷部分が15もあると相当複雑な屋根の形状と思いますが・・・まあこれは信用するとして(仮定です)、
 このお客様もご自分の家の屋根がどういう形で、どのくらいの広さなのか?全くご存知ありません。 いろいろこちらから質問をして、12m X 8m程度のL字になった家で、その屋根面積は、75u程度、谷部分はあるのはしっている
が何箇所あって、その長さは知らないというのです。 まあ多くのお客様は正確には屋根がどうなっているのか?外から見えない場合は、ご存知ない場合もあるでしょう。でもそれ悪い業者に騙される第一歩ではあります。
  ・まず明らかに高い価格は、谷部分ガルバリウム鋼板での修理です。 谷部分は、相場でいうと、ガルバリウム鋼板での谷分の施工費用は、¥5,000〜¥7,000程度です。 板金の大きさ手間のかかり具合で多少価格は変動しなすが、1m、¥45,000は相場の約 9倍〜6倍です。 
  ・次は、そもそもの漆喰修理、漆喰だけのやり直し工事は、1mあたり、¥4,000が相場、但しこれは片端ですので、瓦屋根の棟部分の漆喰は、両側あるので、正確な言い方をすると、片側¥4,000/m、両側で¥8,000です。
見積には、数量がないので想像するしかないのですが、複雑な寄棟で、棟が20mあったとします、この棟の両側の漆喰工事で、40m、¥4,000/mですと、もし全部の漆喰部分を修理しても、16万円。
  ・つぎは、瓦のズレを直す価格ですが、はっきりいって瓦が多少ズレていても、何ら不都合はありません。
何故なら、不都合は雨漏りが考えれますが、実は雨を止めているのは、瓦ではなく瓦の下にある防水材です。
これが破れる、裂ける、穴が開くなどの現象がなければ物理的に雨漏りは発生しません。 ですから瓦の調整は必須の工事ではなく、見栄えや美しさを気にされる場合の工事です。 イヤ、瓦がズレていると、風に飛ばされるから、きちんと調整して、瓦1枚、1枚コーキング(シリコンのパテ)しなければ、危険ですと ・ ・ ・
  ・良く聞く話ですが、これは仕事が欲しい為の屋根屋、訪販の詭弁です。
もし、瓦が剥がれる程の強風、風速50m以上の風だったら、ズレていなくても、釘で固定されていない瓦は剥がれてしまいます。 瓦の位置調整は、全く意味のないことなのです。 コーキングも同様、瓦が飛ぶほどの強風なら、コーキングなんて役にたちません。 そのままコーキングごと吹っ飛んでしまいます。 これも無駄な工事と言わざる負えません。 ・・・ 正式に耐震、瓦の固定をするのであれば、ガイドライン工法(別名;瓦の耐震工法以外に対策はありません・・・瓦の全葺き替えになります)

 明らかにこの訪問販売の営業は、嘘、法外な価格を言っています。 強いていっても漆喰の部分修理で済んだ工事と思います。 どのくらい漆喰が剥がれたのか、不明ですが(この数量が見積にないので・・・)精々5m ,6mの工事で、4,5万円の世界です。 100万円の金額は、法外を超えています。 
 ・やらなくても良い修理、やっても全く無駄な工事
 ・数量が明確ではない見積、契約金額 ・ ・ ・ 一式とは、何をやっても、どれだけの数量かも全く不明な
  ・・・と言うことだと肝に命じてください。 そして本当にやるのか?も疑問です。 
更に言ってしまうと、このお話の流れから言って、工事はかなりいい加減にやられる可能性が大です。
もっと心配なのは、きちんとした屋根職人が来るのかさえ怪しいです。 最悪、元の状態より悪くして、帰ってしまうのでは?? と心配になります。 ちょっと質が悪い訪問販売業者です。

「屋根お助け隊Blog Topへ

「屋根葺き替え相場ドットコム」のトップページへ戻る


瓦、セメント瓦、コロニアル、カラーベストの葺き替え金額・相場を公開。 屋根葺き替えの見積を、複数依頼もできる便利なサイトです。 
また屋根葺き替え、屋根リフォームの概算はお電話で直ぐ、お答えしています。 相見積もとれるサイトになっています
_______   Copyright (C) Nobilis Works All rights reserved 「屋根工事お助け隊」  
_____