トップ
葺き替え
材料・相場
スレートの
葺き替え
建坪別概算
瓦から地震に
強い屋根材に
お助け隊の
屋根屋が信用
できる訳
葺き替えの
相場とは?
重要な
ルーフィング
雨漏りしない
屋根葺き替え

ガルバリウム
での葺き替え
相場
ガルバリウム
鋼板・製品比較
ジンカリウム鋼板
での葺き替え
相場
石粒付鋼板
エコグラーニ
石粒付鋼板
ディプロマット
アスファルト
シングルでの
葺き替え相場
瓦の葺き替え
葺き直し
相場・概算

葺き替えの
工事事例
相談・質問
問い合わせ
運営会社
サイトマップ
お助け隊
Blog




外張断熱工法、充填断熱工法の解説

   『外断熱』→『外張断熱工法』・・・(そとばりだんねつこうほう)
 『内断熱』→『充填断熱工法』・・・(じゅうてんだんねつこうほう) と言います

 リフォームでの断熱工事とは?

 ここでは、既に施工された家のリフォームでの断熱を考えます。 リフォームでの断熱では、断熱材を施工するのに、どのような方法で、実行するのかその方法のいくつかを紹介し、その価格を計算・積算してみます。 効果と費用との兼ね合いでどの方法が一番良いかあなたの家の断熱リフォームとして、考えてみてください。 充填断熱工法は、内壁の中に断熱材を入れるため、どうしても内壁を壊して断熱材をいれ、もう一度壁を(石膏ボードなどで)施工し直さなければなりません。 そして、壁紙(クロス)の張替えも必要です。 外張断熱工法では、外壁がどのような材料を使用していても、外壁を剥がして断熱材を入れる作業は、費用的、作業的に難しいので、あまり例をしりません。 この解決策として最近話題になっている工法に、外断熱カバー工法なる工法があります。 この工法も考察してみたいと思います。

 外張断熱工法、充填断熱工法との違い

 上、左図が、外張断熱工法の図で、右図が充填断熱工法の図解です。 外張断熱工法は、断熱材が基本的に”柱”の外側に施工される断熱方法です。 内断熱とは、充填断熱工法と言い木造の住宅では、柱と柱の間に断熱材を入れる工法で屋根の内側の断熱ですので、部屋ごとの断熱が可能です。 外張断熱工法は、家の一部だけを断熱することは困難で、家全体を断熱するという考え方です。

 ●外張断熱工法(外断熱)

 リフォームでの外張断熱工事を実施する場合は、その外壁を剥がし、内側の柱との間に断熱材を施工します。 剥がせない、剥がすのが困難な外壁もありますが、その場合は、その工程の工事の費用が高くなります。 またサイディングなど再生可能な材料を、丁寧に壊さないように撤去することもあるでしょう。 いずれにしてもこの既存の外壁を撤去するのにも、多額な工事費用が、必要です。 再生ができる外壁材は、その依頼した工事業者に相談してみる必要があります。 できてもずべて再生できるかどうか分かりません。 外壁を撤去したら、断熱材をいれた外壁施工です。 下の写真は、サーモプライ+断熱材(12mm)施工(写真左)、その上にタイベックス(防水シート)+胴間、胴間へ、120mmのビスで固定。 良く施工される外張断熱工事の例です。 この上から外壁材を施工していきます。 >>> 外壁の種類 「サイディング、ALC、タイル、セメントモルタル塗り、土塗り、羽目板」
サーモプライ、断熱材の施工(仮止め)
サーモプライ:下地板として使用。通常の合板より
断熱材の効果を高め、強度、防水性に優れた
積層板になります。
防水シート(タイベックス)の上から120mmの釘で
断熱材、下地材、防水シート等を固定。 
この上から外壁材が施工される。

 左の図は、外壁を真上から見た断面図になります。外断熱は、通常柱の外側に断熱材料などを施工することで外断熱方法、外張断熱工法とか、外断熱工法などと言われています。 基本的には、赤色の下地材、ここではサーモプライという積層板を使用。断熱材料は各種あり、ここでは解説しません。 その外側に防水シートを施工します。 そして胴縁を打って最後に一番外側には、外壁材を施工して外壁の完成です。因みに、防水シートと外壁材との間には、空気層ができ、これも僅かですが空気断熱の効果があります。

 ●充填断熱工法(内断熱)


 内断熱工法は、別名充填断熱工法といって、充填は、柱と柱の間に断熱材料を充填する意味で、この名前があります。 リフォームではこの方法をやる場合は、内壁である、石膏ボードを外し、柱と柱の間に断熱材料を入れ、再び石膏ボードを施工(壁紙も当然やり変え)すれば、内断熱が出来上がります。 リフォームでは、外張断熱工法よりは工事規模が小さく、部屋単位での施工も可能な場合があります。 また断熱材料、外壁のつくりによっては、湿気対策に透湿シート、防水シートが必要な場合もあります。 断熱材料をうまく選ぶ必要性があり、湿気に弱い断熱材料ですと、断熱材が変形して、隙間があ開き、断熱効果が無くなる危険性も有えます。 外張断熱も同様ですが、気密性と断熱材の厚さなどが重要な要素になってきます。
 内断熱工法での断熱材料で、良い材料の一つが、セルロースファイバーという断熱材料です。 新聞紙を綿状に加工し、柱と柱との間に気密性を保つよう詰め込む断熱材ですが、綿状なので隙間ができませんし、セルロースファイバー自体に調湿機能があり、湿気等を含んで断熱材料の形が変わることがありませんので、気密性が壊れることが無い優れた断熱材料となります。(原料の新聞は木材ですので、繊維は生きています)

 ●その他の工法:外断熱リフォームカバー工法


 上の写真は、ガルバリウム鋼板のサイディングの上に、断熱材付きのサイディング材を施工しているものです。何社かの業者が、このやり方を宣伝しています。 屋根でも、スレート材の上にガルバリウム鋼板を施工するカバー工法が、よくやられています。 しかし、この断熱材は、10mmほどで、その断熱効果は、屋根の場合と同じで、10mm(1cm)程度の断熱材では、家の環境によりますが、やらいよりは、”まし”程度です。 リフォームでのこの工法は外壁を新しくするのにコストパーフォーマンスが優れています。 この外断熱リフォームカバー工法で効果が感じられない場合は、内部での断熱を考えなければなりません。 リフォームで断熱システムをやる場合は、内側に断熱材料を施工する工法の方が有利かもしれません。 現状の外壁の構造、内壁の様子を良くしる必要性がありそうです。 それによって、外壁・外からの断熱工法が良いのか、内側・充填工法が良いのか、判断するべきです。

「屋根お助け隊」Blog Topへ

「屋根葺き替え相場ドットコム」のトップページへ戻る


瓦、セメント瓦、コロニアル、カラーベストの葺き替え金額・相場を公開。 屋根葺き替えの見積を、複数依頼もできる便利なサイトです。 
また屋根葺き替え、屋根リフォームの概算はお電話で直ぐ、お答えしています。 相見積もとれるサイトになっています
_______   Copyright (C) Nobilis Works All rights reserved 「屋根工事お助け隊」  
_____